企業支援特設ページはこちら>

日本最後の清流 四万十川

スポンサーリンク

日本最後の清流

日本最高の風景

個人的にはそうっています。

四万十川は高知県西部を流れる一級河川で日本有数の美しさを誇ります。

日本最後の清流とも呼ばれます。

ちなみに『日本最後の清流』と呼ばれる部分としては

近くに大きなダムがないことに起因します。

まさに日本の古くからの風景が楽しめるというわけです。

こういってはなんですが、非常に訪問しづらい位置にあり

愛媛・高知の市街からもかなりの時間がかかります。

当然のように日本の秘境100選にも選ばれています。

スポンサーリンク

沈下橋

四万十川には47もの『沈下橋』と言われる橋があります。

四国という地域は台風が盛んに襲来する地域なんですよね。

その際に川の水量が上がり、橋が沈んでしまうというところから沈下橋と言われています。

川のすぐそばを歩いて渡れます。

車でも通れますが、ご覧の通り細いのでかなりのスリルです。

橋に腰かけて、のどかな風景を楽しむ方がたくさん。

きっとこの四万十は長らくこの風景なんだろうなというのが良く分かります。

橋からの風景です。

両側、山と川、ちなみに下を見ると結構な高さがあります。

ちなみに、沈下橋は佐田の沈下橋・岩間の沈下橋等が有名ですが

個人的なイチオシは高瀬の沈下橋です。

人が少なく、雄大な景色を独り占めできます。

一番上の写真なんかは高瀬の沈下橋から見た風景です。

個の沈下橋から、地元の子はよく飛び込みをして遊んでいるみたいで、

私も若かりし頃挑戦してみました。

まず、結構高くてかなり怖いです。

そして端から見ると下の魚が見えるほどきれいに水面がうつるのですが

結構深い。

見た目よりも流れも速く、着地した一瞬、死ぬかと思いました。

慣れない人はやめましょう。

余談ですが、初めて四万十川に行ったのは学生の頃の一人旅でした。

青春18切符で全国を当てもなく訪ねていましたが、

四国の人は本当にやさしいです。何度声をかけられたか。

特にこの四万十川のある中村では、地元の方に色んなところを連れて行って頂きました。

重たい荷物を背中に四万十川を自転車で回ってる人は滅多にいないんでしょうね。

すぐ地元の人間でないとばれました。

最終的には泊めて頂たり本当に印象的です。

それ以後、四国はいいよ~四万十川は最高だ何とか言って

数年間で3組くらいを

地元の方に教えてもらったスポットに連れまわしましたね。

なんというか、上にもありますが、日本の風景かなと

しんみりと感じられる本当にすごく素敵な場所です。

だまされたと思って是非日本の秘境を訪問してみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました