積丹半島

ジャンル:絶景、夕日、食

スポンサーリンク

積丹ブルーしゃこたん

積丹半島は断崖絶壁の続く湾岸線に、『積丹ブルー』と言われる青色の海の絶景が魅力的なエリア。

積丹半島一帯は国定自然公園(ニセコ積丹小樽海岸国定公園)に指定されています。

南部の余市などにはニッカウィスキー工場などがありますが、北部は自然の景勝地として魅力的です。

国道229号線に道道913号線を利用すれば、湾岸線を眺めながら半島をぐるりと回ることが可能です。

また、礼文島と並びウニの名産地でウニの名店が数多くあります。

体験談

積丹ブルーの写真を見てからずっと行きたいと思っていましたが、案外こちら側に行く機会がなく長らくお預けされていました。小樽からも結構距離あるんですよね。

先日やっと一周出来ました。

スポンサーリンク

島武井海岸しまむいかいがん

駐車場から展望台までは雰囲気のあるトンネルがあり、そこを抜けると開けた海岸風景が現れます。

まさしく『トンネルを抜けるとそこは・・・・』っていうやつですね。この一節を思い出しました。

また、展望台は崖の上にありますが、浜辺まで降りられます。

階段は結構急で、距離もあるので歩きやすい靴での訪問をオススメします。

まだ、島武井海岸夕日チャレンジをしていないのですが、美しいことを約束されているかのようなスポットですね。

スポンサーリンク

神威岬かむいみさき

かつては女人禁制だった神威岬。

カムイとはアイヌ語で『神』の意。なかなか物々しい入口。

岬の先端まで遊歩道で歩いていけます。途中細い道や上り下りもあるので、往復で1時間程度は必要です。

また地形的にに突き出ているので、当たり前ですが風がとにかく強いです。

神威岬の左右の海岸線は遠くまで綺麗に見えます。半島全体が傾斜がかった地形だとよくわかりますね。

道中面白い岩もたくさんあって絶景が続きます。

本当にきれいな海の色です。遠くからでも底が透けて見えます。

南の島の透き通る海も好きですが、それ以上に北海道の海が好きです。

山間の美しい緑海の青が映えて、広大な自然の世界を感じられるというか。

積丹半島、特に神威岬はまさにそれを感じられる秘境ですね。

神威岬の先端まで行くと少し不思議な感じがしました。

広い駐車場に売店などもあるので、休憩場所としてもぴったりな先です。

スポンサーリンク

積丹ドライブ

前述の2つのスポットは絶対に訪れてみてほしいスポットですがこの積丹半島ウニも有名ですし温泉もあります。

また、229号線や道道913号線を利用すれば、湾岸線に沿ってドライブが出来ます。

海岸線を走りながら、途中面白い形の岩が海にたくさんあります。波が激しくて岩がどんどん削れていくんでしょうかね?

しかし、昔の人はこのあたりを行き来するのは本当に大変だったと思います。平坦な場所はほとんどないですし。

そして、ウニのお店と言ったら、食事処 みさきさんですかね。ドライブルートでアクセスも良いですし、贅沢ですが限定のバフンウニが本当にあり得ないくらいおいしいです。

余談ですが、私は北海道に行くまでウニが嫌いだったのですが、こっちで食べてからは好物も好物、とんでもなく好きになりましたね。広い世界で生きるのは大事だとつくづく思いましたよ。

そして疲れた時には素晴らしい立地に温泉もあります。

みさきの湯しゃこたんさん、ここもオススメです。左に神威岬、右には積丹岬が望める最高のロケーションに露天風呂。たまんないですね。

スポンサーリンク

ニュー積丹号

NO DATA

波が高く、運航中止・・。知床といいついていない・・。

盛りだくさんの積丹半島。もっと気軽に行ければ良いなと思いつつ。気軽に来れないのが逆に良いのかもしれませんね。

アクセス:小樽より車で1時間30分

タイトルとURLをコピーしました