企業支援特設ページはこちら>

紀行

紀行

北海道旅行記 六日目

この旅も残すところあと2日となった。 そんなことを寝起きのぼんやりとした頭で実感する。 どんなに素晴らしい時間にも終わりはある。 それは意識しないようにすればするほど意識してしまうもので、しかしだからこそ、終わりがあるか...
2020.05.10
紀行

北海道旅行記 五日目

まどろみの中でここが網走のユースホステルのベットの上であることを、徐々に頭が理解し始める。 昨日、宗谷岬を後にした僕らは東側の海岸線を一気に南下し網走まで車を走らせた。 当日にリザーブしたユースホステルに着いた頃には既に午後1...
2020.04.27
紀行

北海道旅行記 四日目

 僕はメニューに書かれた「時価」という値段と睨み合っていた…。 礼文島のバンガローで朝を迎えた僕らは、ペラペラの寝袋から這い出て戸を開けた。 やはり空は晴れ渡っていて、1年分くらいの天気運を使い果たしてしまって...
2020.04.15
紀行

北海道旅行記 一日目

そこには広大な大地と満点の星空が広がっていた…。
2020.04.11
紀行

北海道旅行記 三日目

まつ毛の先に乗った光の粒が朝だということを告げた。 今日は稚内港から出るフェリーに乗って、礼文島という島を目指すことになっている。 荷物をまとめてバンガローを出ると、雲ひとつない青空が広がっていた。 この旅は本当に天候に...
2020.04.11
紀行

北海道旅行記 二日目

カーテンをすり抜け、部屋に差し込む朝の光で僕らは目を覚ました。 カーテンを開けると夜とはまた違う表情を見せるキャンプ場がそこにあった。 朝日に反射する夏の緑がまぶしい。 丘にはいつのまにか羊が放たれていて、夏草をむしって...
2020.04.11
スポンサーリンク
Follow
タイトルとURLをコピーしました